10月30日
心地よい時間

昨日、書友4人で鈴木照雄さんの作陶展に行ってきました。
食卓でいつも使えるような、大きめのお皿を求めて行きましたが、
鈴木さんの素敵な器を前にずいぶん長い時間悩むことになりました。

鈴木さんは、私たちに家づくりの話や、器の作り方、
模様の付け方などゆっくりお話してくださいました。

一番初めに目に入ったのが、
この白い香炉でした。一見シャキッとした形に見えるけれど、
手に取ってみると力のかかり具合で少しゆがんでいて、あたたかみを感じます。
色も白に薄い緑が混ざっていてとてもきれいです。

c0171828_22572976.jpg


2時間ほどみんなで居座って、決まったのがこの二つ。
と、もう一つ。
いつも使えるお皿より、もう一回り大きなお皿。
絵が入っていてとても気に入っています。
が、会期が終わるまであまねやさんに置いてもらっています。
せっかくなので、みんなに見ていただいた方がと思いまして・・・

素敵な器に囲まれて、その中から自分のそばに置くものを選ぶのは、
難しいけれど、とても楽しく心地よい時間でした。
いつも見える所に置いて、大切に使ってきたいと思います。
by fujimi_maesaki | 2011-10-30 23:19 | 好きなもの
<< 面と線 10月25日 >>