Written
by fujimi_maesaki
福岡書芸院トップページ
twitterやってます!

福岡書芸院
〒816-0943大野城市白木原5-1-27
Tel:092-573-5753
Fax:092-573-5804
→お問い合せ

関連ブログ
Sai—書の喜び—
前崎日記
スケッチ
陽々のヨガ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
6月30日


昨日は田植えに行きました。
田植えの話は、妹も父も書いてるので、私は蟻の話を。

妹のブログに写真がありますが、
昨日は蟻の行動に魅了されました。
その写真は、二匹で仲良く高菜を運んでいるようですが、
本当のところは取り合いをしていたんです!!!
写真を撮った直後、
一匹がちょっと離してしまった隙に、もう一匹が急いで引っ張って逃げ出しました。
それを急いで追いかけては引っ張る・・・と、二匹はスゴイ争いで(笑)
母がもう一つあげると、さっき離してしまった方がそっちを一生懸命運んでいたんですが、
その蟻はどうも飽きっぽい性格のようで、他に落ちているご飯つぶや卵焼きに目移りし、
結局何も持って行きませんでした。
ふと、足元をみると死んでしまった蟻を、運ぶ蟻までいました。
・・・・と、お昼休憩の半分は蟻に釘付け。

熊谷守一の言葉の中に、
「石ころ一つそばにあれば、それをいじって何日でも過ごせます。」というのがあります。
私は飽きっぽいので、蟻を一日中見ている事も出来ないし、
石ころを眺めて一時間も過ごせないけれど、昨日はふとその言葉を思い出しました。
蟻の観察が楽しかったからですかね~
出来ればもう少し見ていたいという気持ちになりました。
なんでも、しっかり見るというのは面白い事です。
虫なんて、じっと見る事はそう無いけど、たまにやってみるのもいいかもしれません。
でも、大きいのは怖いので、やっぱり蟻くらいがちょうどいいですね。

ということで、熊谷守一の蟻の絵を。
c0171828_1457944.jpg

守一の本に、
「地面に頬杖をつきながら、アリの歩き方を幾年もみていてわかったんですが、
アリは左の二番目の足から歩きだすんです。・・・・・」とありました。
[PR]
by fujimi_maesaki | 2011-06-30 17:34 | 出来事
<< 7月5日 6月20日 >>