いろは
c0171828_1075296.jpg



大坪藍海の遺作集を眺めていると、

あれっ?なんだか観たことがある・・・と思う作品がありました。

「萬古清風」

一昨年前にアクロスで書展もじMojiを開催していた同時期に、
アクロスで行われていた書展で、この作品を目にしていたのです。

地下一階の通路で開催されており、
その作品はエスカレーターで降りてくるとちょうど真正面に飾られていて、
他にも数点飾られていましたが、
ハッとするくらい、異風を放っていました。
「萬古清風」は篆書から草書までを組み合わせで書かれいて、
とても面白いと感じたのを、今でもはっきりと覚えています。

大坪藍海の遺作集を見てみると、
この作品のほかにも、素敵な作品がたくさんありました。

書風は様々で、どれもセンスの良さを感じさせます。

屏風や軸の作品にも多く見られる、楷行篆隷草仮名まで
あらゆる書体をまじえての作品に魅力を感じ、
今回、この「いろは」の作品を書いてみました。
[PR]
by fujimi_maesaki | 2009-04-28 11:13 | 作品
<< Daisy 伝書 >>