Written
by fujimi_maesaki
福岡書芸院トップページ
twitterやってます!

福岡書芸院
〒816-0943大野城市白木原5-1-27
Tel:092-573-5753
Fax:092-573-5804
→お問い合せ

関連ブログ
Sai—書の喜び—
前崎日記
スケッチ
陽々のヨガ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:イベント( 27 )
5月27日
風花山叢

あっという間に風花山叢が始まり、もう三日間が過ぎてしまいました。
そして今日は、大変たくさんの方にご来場いただきとてもうれしい一日でした。

今回の展覧会は、一年以上前から父が構想を練り上げ、
「基山の風山叢の風景をアクロスに。」との思いから作られた空間です。
兄の書いていたとおり大変時間と手間のかかった飾りつけになりましたが、
出来栄えは大満足!
毎日会場に行っていますが、毎回ニヤッとしてしまうくらい気に入りました。
書に興味のないかたでも、
きっと楽しんでいただける空間になっていると思います。

また今回は、お花は池坊の岡田幸枝先生、
お茶は表千家の佐藤宗紗先生・裏千家の龍宗敏先生に、
御協力いただいき、美しいお花と美味しいお茶を書と一緒に楽しんでもらえます。
お茶会は毎日13時~16時までですので、
興味のある方ぜひ、茶室で御手前をお楽しみください!

撮った写真があまりにも下手だったので、
展覧会の模様は会場にて、乞うご期待です!
[PR]
by fujimi_maesaki | 2010-05-27 23:41 | イベント
12月3日
鼎之鼎展


先日、父の展覧会を観に行ってきました!

珈琲美美さんへは、移転してから初めて行ってきました。
今泉のお店とは雰囲気もかなり変わって、
二階の両側の窓からは緑が見え、陽の光が差し込むとても心地よい空間でした。

そんな明るい空間に父の作品はゆったりと飾れています。
写真は私のお気に入り、「象」です。
この作品はポスターハンガーで天井からつるされていて、窓からの光に
照らされてとてもよかったです。
妹のブログで紹介されたパッチワークはまだ飾られていませんが、
窓からどのように見えるのか楽しみです。

c0171828_14481893.jpg


続いて、あまねやさんへ。
あまねやさんには、軸の作品がいくつかあり、全てが中本さんの布で
表装されています。
表装に使われる前からいいなーと思って観ていた布でしたが、、
軸になるとまた素敵で・・・
ここに載せた写真は、父がせっせと作った陶印たちや印譜などです。
この中に、妹お気に入りの「ドゴンの扉」があります。(ちなみに私もお気に入りです。)
印譜は、とても面白いです。
いいなーと思う印がたくさんあります。残念ながら陶印自体が爆発してしまって、
印影が取れないものもありますが、楽しんで観てください。

c0171828_14484297.jpg


あまねやさんには玉手箱があります。
じっくり観ていくと面白いです。

是非、お楽しみください!
[PR]
by fujimi_maesaki | 2009-12-03 14:44 | イベント
10月12日


今日、最終日を迎えた「衣匠布 i shou fu」。
一週間ほど、毎日中本さんの布を見ながら過ごさせてもらいました。

たくさん素敵な作品がありましたが、
中でも兄のアイデアで、中本さんのお宅にある障子をイメージして作られたタペストリーは、
格子の部分や色の変化、後ろから当てられた布のバランス、とても美しくて見入ってしまいました。

中本さんの展覧会、
いつもはストールなどの身につける目的で布を選んでいましたが、
今回は軸装用の布を買ってみました。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、
白い糸を規則的に織られた布で全体的に透かしがあるので、
軸にするには紙を後ろから当てて使います。
写真は、下に茶系の布をひいているのですが、白い紙の
上でも布の表情が面白くてとてもきれいでした。

この布を使って素敵な軸を作り、
来年のアクロス展「風花山叢」で披露したいと楽しみに思っています。



c0171828_2281556.jpg

[PR]
by fujimi_maesaki | 2009-10-12 22:34 | イベント
伝書
書展「ひらく」始まりました。

写真は参加者全員の合作。
本のページが飛び出しているイメージで作りました。

この壁面をどう飾るかが、今回の大きな課題でした。

飛び出す感じをどうするか・・・色々な案を出し合い試作してみて
不安もありましたが、頭の中で描いていたものが実現に出来ました。



書展 「ひらく」

福岡県立美術館3F 1号室
3月31日(火)~4月5日(日)
10:00~18:00



c0171828_23211834.jpg

[PR]
by fujimi_maesaki | 2009-03-31 23:54 | イベント
伝書
今回で5回目を迎える伝書。
タイトルは「ひらく」です。

前回・前々回とウィークスギャラリーで開催してきましたが、
今回は久しぶりに福岡県立美術館で催すことになりました。

ウィークスギャラリーは、コンクリート打ちっぱなしの壁、
二つの展示室の間には広いテラスがありなにも飾らなくても素敵な空間でした。
その会場の助けもあり、若手グループの雰囲気を持った会場となりました。

今年は会場の助けはありません。
美術館の広い壁面を使って、久しぶりに大きな作品を飾ります。

12人全員が作った手製の本も展示します。

何にもなくだだっ広いあの会場を、面白い空間にできるか
今からドキドキしています。


c0171828_22134927.jpg

[PR]
by fujimi_maesaki | 2009-03-05 22:15 | イベント
一瞬
始まりました!書展「一瞬」。

c0171828_23204021.jpg

野山で摘まれてきた季節の花が、ブリキで作った花器に飾られ、
派手ではないけれどふわっとした空気で会場を彩っています。
花を活けるって、ちょっと角度を変えたりとか、少し花や枝を増やしたり減らしたりすることで
それまでとは全く違った雰囲気になって面白いです。

c0171828_23201060.jpg

先日、収穫した稲も飾られました。

c0171828_23205234.jpg

今回の作品点数は90点、児童による手製本が約60点、
本当に様々な作品が会場に並びました。
児童の本は一所懸命臨書したものや、自分の言葉を書いたもの、
絵具で色をつけたものなど様々で読みごたえがあります。

c0171828_23195224.jpg

そして、今回のメインスペース。
鉄で作られた茶室。初日の今日はお茶の時間にたくさんのお客様がみえ、
生まれて2ヶ月とちょっとの可愛いお客さんも来てくれました。
再来年の「風花山叢」ではお茶菓子が食べれるようになってるかな~。

c0171828_23202524.jpg

今回初めて軸装をしてみた私の作品です。
軸装にすると作品を作る前から決めていたので、
なんとなく自分の中に制約を作ってしまって作品作りに苦戦しましたが、
軸に仕立てられた作品に満足することができました。

今年は軸装をされた方が多くて、派手な布を使ったものもたくさんあります。
他では見られない書展の風景です。
ぜひ、一度ご覧ください!

書展「一瞬」
21日(火)~26日(日) 11:00~19:00(最終日は17:30まで)
アクロス福岡2F 交流ギャラリー

 
[PR]
by fujimi_maesaki | 2008-10-21 23:16 | イベント
軸合わせ
昨日、10月の書展「一瞬」へ向けて軸合わせを行いました。
私はこの軸合わせがとても好きで、毎年楽しみにしています。
今年もいろんな方の作品を見せてもらいながら参加しました。

布を選ぶにはとにかく色々な布を作品と合わせてみること。
ぴったり合いそうだけど意外と地味になったり、
「こんな色が…?」と思うものが合ったりして面白いものです。
一色の布で作れば正統派のスキッとした軸になり、
模様の入ったインド更紗などを使って一文字や二段表装にすると
あまり書の展覧会では見られないおしゃれな作品に仕上がります。

自分の書いた作品に布を合わせて、御田さん(清慶堂)の手で美しい軸に仕上がる。
こんなに楽しい工程を表具屋さんに全て任せてしまうなんてもったいない。
表装まで自分で決めてこそ作品作りだと私は思います。

今年もたくさんの軸作品が会場に並びます。
どんな会場になるか、今からとても楽しみです。

書展「一瞬」
10月21日(火)~26日(日)
アクロス福岡交流ギャラリー2F 

c0171828_19405280.jpg

この軸は祖母が傘寿展のために作り、私にプレゼントしてくれたもので、
布は中本扶佐子さんが織られたものを使って作られた仮名作品です。




[PR]
by fujimi_maesaki | 2008-09-01 20:52 | イベント