「ほっ」と。キャンペーン

Written
by fujimi_maesaki
福岡書芸院トップページ
twitterやってます!

福岡書芸院
〒816-0943大野城市白木原5-1-27
Tel:092-573-5753
Fax:092-573-5804
→お問い合せ

関連ブログ
Sai—書の喜び—
前崎日記
スケッチ
陽々のヨガ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:作品( 22 )
障子の模様
おはようございます。

10月に行った伝書に出した作品。
「口 すべてはここから」です。

c0171828_2323320.jpg


書芸院の教室の障子が破れると、
そこに父が書き損じの紙を貼っていきます。
元々は文字だった墨が小さく切り取られ模様のようになって、大きな障子のあちらこちらにはめ込まれています。

この作品を作るとき、書く言葉をボーッとその障子を眺めながら考えていました。
そうしている内に、ふと一つの障子に目が止まり、無性に「口」が書きたくなりました。そうやって出来たのがこの作品。

何がきっかけになるか、わからないものですね。

もしも、書芸院の教室に来られる機会があったら、ぜひ障子の模様も楽しんでください!













[PR]
by fujimi_maesaki | 2014-12-18 23:00 | 作品
モジモジ。
カテゴリー 作品…。

作品ではないですね(笑)

原稿書きを筆でやってみました。
しかも、学生の必須アイテム「ルーズリーフ」に。
たぶん、今どきの大学生はルーズリーフ使わないんじゃないでしょうか。
チラッと聞いた話では、一人1台パソコン購入が必須だそうです。

ふーん(゜-゜)。
大変な時代。手書き離れの時代。

でも、筆はいいです。
このくらいの字なら、ペンなんかよりずっと書くのが楽。
やわらかいので、いくら書いても疲れしらずです。

c0171828_2255231.jpg


書くのは楽でも、大事なのは中身ですね~(笑)。
[PR]
by fujimi_maesaki | 2013-07-01 22:41 | 作品
自分の字
福岡書芸院では常用体という部門があります。
一般的には調和体というのでしょう。

好きな詩や言葉、手紙を書いて作品作りをしていく中で、
自分の字を育てていく部門です。

古典の臨書に比べると、毎月の提出数もかなり少ない。

「自分の字で書きましょう。」なんて言われると、
自分の字より上手くなりたいから習ってるんだと思う方も少なくないでしょう。
しかし、今の自分の字は今の自分にしか書けないもの、
年を重ねるごとに字もその歳の字になっていきます。
そのことをいかに大切にしながら、成長していくか…
とても難しいことです。

そういう私も常用体には、いつもいつも悩まされます(笑)。

この作品は、先月雪柳が咲いた時に書いたものです。
咲いている風景を思い、その周りの空気を持ってこれたら…と書きました。


c0171828_13475529.jpg



c0171828_13484364.jpg

軸は尾形光琳。
花はその時の雪柳。

と、最近お気に入りの小鳥。
[PR]
by fujimi_maesaki | 2013-04-08 13:54 | 作品
作品
「アフリカの物達と」に出品した作品。
「人之生死月之満欠」です。
「ひとのいきしに、つきのみちかけ」と読んでいただければ…

姪っ子か、甥っ子…??が生まれた時に思った言葉です。
まだまだ、自然と寄り添いながら生活しているアフリカと繋がる気がしたので書いてみました。

c0171828_15385285.jpg


右から、森木美都さん・私・志賀禮花さんです。
[PR]
by fujimi_maesaki | 2012-09-12 15:27 | 作品
するめ
まどみちおさんの「するめ」を書きました。

とうとうやじるしになって きいている
うみはあちらですかと・・・

です。面白い詩。

c0171828_15244643.jpg


いつもより力強い作品に仕上がりました。
ただ、全体の見え方ばかりを気にして書いたので、字形に工夫がない。
[PR]
by fujimi_maesaki | 2012-01-07 15:29 | 作品
9月26日
臨 顔真卿 争坐位文稿

顔真卿の争坐位稿を臨書をしました。

深くゆったりとした呼吸が面白い。
普段どうしてもリズムが速く短い呼吸の線になりやすい私には、
必要な線質だな~と思います。
形もやや傾きがあって、気をつけていないと自分の字形に引っ張られてしまい
普通になりがちです。
なので、丁寧に見ながら臨書してみました。

c0171828_1873917.jpg


c0171828_1875726.jpg

顔真卿の臨書は楽しい!!
[PR]
by fujimi_maesaki | 2011-09-26 20:44 | 作品
8月5日
仮名作品??


仮名の作品を書いてみました。
これが仮名~??って思われるかもしれませんが、
ちゃんと変体仮名が入っているので仮名です。

クレーの絵を想いながら書いてみました。
この作品は粗密の在り方とか構図がなかなかうまくいったので、
お気に入りです。
やや、崩れ過ぎた字形もありますが・・・ギリギリ大丈夫だと(笑)

仮名や平仮名はこういう遊びがしやすいけれど、
漢字になるとこんな風になかなか書けない・・・。

c0171828_20153452.jpg


わ(王)た(堂)の(能)は(者)ら(良)やそ(所)し(志)ま(万)か(可)け(介)て(手)
こ(古)ぎ(起)いでぬとひとに(尓)は(八)つ(徒)げ(介)よあ(阿)ま(万)の(農)つり(利)ぶね

わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと人には告げよ海人の釣船

【訳】大海原に、数多くの島々を目指して舟を漕ぎだしていったと、
都にいる親しい人に伝えておくれ、漁師の釣船。

百人一首11 参議篁
[PR]
by fujimi_maesaki | 2011-08-05 20:42 | 作品
6月20日
伝書終了~!!

伝書『一展』も昨日無事終了しました~。
最終日も見事に雨模様で・・・
そんな中、たくさんの方々に会場へ足を運んで頂き、とても感謝してます!
本当にみなさまありがとうございました。

今回の作品は始めて大きな字を書いてみました。
乾くのにずいぶん時間がかかるけど、書いているときはすごく面白かった。
こんなに大きい作品は伝書の展覧会でしか作ることが無いので、
本当に自分にとってとても良い経験になっていると思います。
また、普段は一緒に勉強することのないメンバーもいるため、色々と刺激をうけています。
これからまたメンバー全員で話し合いを重ね、
より良い展覧会を作って行きたいと改めて思える会になりました。

c0171828_22414848.jpg

今回の作品。サイズは240×360です。

c0171828_2315395.jpg

そして、最終日も友人たちが見に来てくれました☆
左から、麻衣・優亮くん・智子・倫也さんです~。
麻衣ちゃん、カレンダーが裏返し・・・

ブログ載せたよ!!
[PR]
by fujimi_maesaki | 2011-06-20 23:21 | 作品
6月8日
会場風景

昨日は275名もの方に、ご来場頂いて嬉しい限りでした!
会場は搬入時とはまたちがって、池坊の岡田幸枝先生の花も入り、
とても華やいだ空間になりました。

ミロのアトリエをイメージした空間に飾られた、
ワタクシの作品を一つ紹介させて頂きます。

c0171828_12173421.jpg

向かって右から、ワタシ。
真ん中は浦川詳子さん。
左は松村真紀子さんの作品です。

まだまだ沢山の作品が飾られています。
この写真は額装だけですが、素敵な軸の作品もありますよ~

日曜日までありますので、皆様ぜひ足をお運びください!
[PR]
by fujimi_maesaki | 2011-06-08 12:26 | 作品
5月24日
不二三之印

印完成。
不二三之印(不二美の印)でございます。
白文はなかなか難しいのですが・・・彫ってみました。
やや、線が細みになったけど、今の私には精一杯の作です!
筆で書くように表情をつけて彫るなんて、非常に難しい・・・。
彫る前に筆でデザインを入れるけど、結局そのようにならないので
今回は鉛筆でシャシャッと書き入れました。
実は・・・この印、ちょっと気に入ってます(笑)


c0171828_17365052.jpg

[PR]
by fujimi_maesaki | 2011-05-24 17:57 | 作品